ビ・lo・g

キャスティングの壁

個人的にはキャスティングの飛距離には幾つかの壁があると思ってます。


10ヤード・・・誰もが通る初めの段階ですね。ここで辞めちゃう人が意外に多いかも。

20ヤード・・・10ヤードを超えるとここ、釣りが好きな人はここまでいきます。
渓流では釣りになるので十分楽しい釣りが出来ます。でも届かないポイントがあったりライントラブルが多かったり。
自分のキャスティングにちょっぴり不満が残ります。

25ヤード・・・長年やっていて釣りに特に不満を覚えないレベルです。不満も無いのでキャス錬もやろうと思わない人も多いですね。
もうちょっとでフルライン出るんだけど、あと少しがなかなか出ないっていう人はここ。

30ヤード・・・フルライン!25ヤードの壁を破った人。なんだかんだ言ってもやっぱり嬉しいフルライン^^ 
ここにくるにはやはり練習が必要です。
渓流に飛距離は必要ない、良く聞きます。確かに必要ないんだけどフルライン出せる人の釣りと
出せない人の釣りは違います。
何処が違うか気になったら練習しましょう^^

それ以上・・・釣りを超えてキャスティングそのものに興味がある人が目指すとこです。
キャスティングの動きの精度が求められます。ここにくると飛距離は少しづつしか伸びません。
正に限界に挑戦する人。目指せ日本記録!


こんな感じですかね。
一番初めの10ヤードの壁を簡単に超える方法を探してます。
ここを超えれば管理釣り場でも余裕で釣りが出来ますし、自然河川にも釣りに入れます。
フライの釣りを楽しめるんですね。

キャスティングを楽しめると魚のサイズや数だけが釣りじゃない、ってことになるかもね^^
[PR]
by midge32 | 2008-05-19 19:17 |