ビ・lo・g

カテゴリ:巻( 7 )

まだらっこ

f0022684_21521943.jpg

知ってる人は知っている、知らない人はその存在を知らない
レアではあるけど普通の養殖されたマテリアル。

ホワイティング社の「コックドレオン・ヘンウィング」

コックのヘンという不思議もあるな^^;
写真の通りマダラ全開です、カッコイイです。
サイズが小さいのが欠点かと思ったんですが#8くらいは大丈夫ですね。
自分のは10ペアほどありました。
コンプリートウィングでクイル部分以外のところもハックル等として色々使えそう。
ブロンズグレードで3000円ちょっと、高くはないかな。

でもでも残念ながら供給量が少ないようでめちゃ品薄みたいです。
ウェット好きなら手に入れたいマテリアルかな?

同様に「コックドレオン・ヘンサドル」も沈める系のハックルにはかなりお勧め^^
だけどこれもあまり売ってないかも。
ホワイティングはまだ全般に品薄ですね。
[PR]
by midge32 | 2008-09-05 22:27 |

まっちんぐざはっち

まいっちんぐまちこ先生とは違います^^;

セレクティブなトラウトを攻略する為、魚たちの食べている虫にフライを似せて魚を騙くらかそうという考え。
名前の通りハッチしている虫に合わせるというよりも、魚の食べている虫に合わせるっていう考え方も
ひっくるめてこの言い方になってるよね。
んで私と一緒に釣りをしたことが有る人なら私がマッチザハッチ命!の人で、フライボックスは
常時6個くらい持って、あらゆる虫に対応できるフライがビッシリだって事は知ってますよね?

え、知らない?

っていうかいっつも同じフライしか使ってないだろ?


・・・ハイ・・・


その通りです。
こっちに来てから使い易さ優先でフライ選んでるもんね。
その前もそれほど変わらないけど、これでも長良川のミッジングに嵌まっていたこともあるのよ?
知る人ぞ知る「柳沢」のミッジング(←誰も知らない^^;)の洗礼も受けてるしね。

最近は良く浮くデカイフライばかり使ってるのは使い易いのとそれに反応する魚もそれなりに居るから。
勿論気が付かないだけでフライを見切っている魚が山ほど居るわけで、もしかすると別のフライを使っていたら
デカイ魚が一杯釣れていたかもしれない。
かもしれない、けど気が付かないんだからしょうがない。
ってことで2シーズンほど過ぎたんだけど、去年の秋にライズを繰り返しているニジマスを
掛けることが出来ないという久しぶりの出来事があった。
こりゃ悔しいってことなので今年はもうちょっとフライにも気を使おうと思います。

一皮向けた今年の俺を見るが良いぃぃぃ!

だからといって釣果が伸びるかどうかはお魚次第なんだけどね。
[PR]
by midge32 | 2008-01-09 23:09 |

毛鉤

f0022684_17513917.jpg

星の数ほどパターンがあるフライ。
釣れたときにはアングラーの腕の為で、釣れない時にはその責任を押し付けられる。

皆さんのフライを巻くときの基準は何でしょう?
勿論「良く釣れる」っていうのは誰しもが揚げる選択肢の最右翼でしょう。
その次の理由は?
その時に出ている虫に似ている、良く浮く、良く見える、カッコイイ、美しい・・・
色んな理由があると思います。
中にはエルクヘアカディスしか巻き方知らない、何て人も居るかも^^;
自分は投げ易いっていうことを重要視してます。
プレゼンテーションの際に自分の思ったようにコントロールし易いフライ。
フライの重量と空気抵抗のバランスによってコントロールのし易さは劇的に変わります。
ターンし難いフライ、逆にオーバーターンしてしまうフライ。
人それぞれそのバランスは異なり、これがベストバランスなんてものは無い筈なので、
経験から自分のコントロールし易いバランスを見付けていくしかないのでしょう。
自分が比較的少ないパターンしか巻かないのもその辺りに原因があります。
お気に入りのバランスのフライは数種類しか持っていないわけですね。
けっして面倒くさいとか、フライなんて何でも釣れるとか、前日に数個巻くだけなのに新しいパターンなんて
巻いてられんとか^^;、そーいった理由じゃないんですよ、いやマジで^^;
色んなパターンのフライを使うのも良いですが、特定のパターンを使い込んでそのコントロールを
体で覚えるっていうのもより釣れるようになる一つの方法であると思います。
(本文と写真は関係ありません^^)
[PR]
by midge32 | 2007-05-25 18:23 |

ミノチェビッチ

を追加タイイング。
魔法の薬、綺麗に仕上げるのはちょっとコツが必要なのかな。
微妙に曇ったりする。
ホログラシートが侵されてるのかなあ。
黒目も溶け気味・・・。

実釣テストが出来ないのがネック。
ウエイト入れたほうがハイスピードリトリーブには安定しそうだな、とか
尻尾の長さはどのくらいが適当なのか、とか
今の段階ではさっぱり解からない。
ストリーマーなんてほとんど使わないもんなあ。
ビデオなんかで見ると結構リトリーブスピードが速い。
あれなら流行のリアル系じゃなくてバックテールとかのファイバー系のほうが
安定するんじゃないかなあ。


ってな感じでショートショートで回数稼ぐぞ(笑)
[PR]
by midge32 | 2007-01-26 21:49 |

ミノチェビッチ・アメツリーノ

もう訳解かりません^^;
f0022684_23151126.jpg

あれ、変な枠つけちゃたな、失敗した。
というわけでフライ巻きました。Blog用に1個だけ^^
海アメ用、こんな感じのフライを使ってる人が多いようです。
テキトーに真似てみました。
シッポは長めにしておいて引っ張った時のバランス見てカットします。
この位だとカットしなくても良いかもしれませんがあまり長くするとゲイプに絡むんで
それがちょっと心配かな。
ウェイトも入れてません、入れたほうが良いかなあ。
アイは自作ではなく買った奴、5,5mmはでか過ぎる・・・ポンチ買ってくるか。
魔法の薬は良いですね、仕事が速いです。瞬間接着剤は普通のでもいければ
価格的にも満足なのですが。今度試してみますか。

本当はここでフライのupはしない予定だったんですけどね、恥ずかしいし。
月8回の為に今回は特別、って前にもバッタ載せたっけ^^;
[PR]
by midge32 | 2007-01-23 23:25 |

B's

f0022684_22455622.jpg

今日某ショップTにてプロタイヤーの備前さんによるタイイングスクールが行われた。
最近マンネリになってきたタイイングに刺激が欲しくて参加してみました。
いつもの軽快なおしゃべりを交えての色々なタイイング技の披露で非常に為になりました。
自分も一応歴だけは長いのですが知らないテクニックのオンパレード。
今まで如何にいい加減にフライを巻いていたのかを思い知らされた・・・。

もしお近くでスクール開催があったら参加してみることをお勧めします^^

写真はお土産に頂いたフライです。いいでしょ^^
[PR]
by midge32 | 2006-10-29 23:02 |

バッタ

f0022684_1934249.jpg

この季節お気に入りのフライ。
シマザキ氏のマシュマロボディを流用して、TMC2312の#10に巻いたこのバッタにガバチョと来る虹鱒がたまらなく楽しい。

あ、使うときにはバーブを潰してねん。
[PR]
by midge32 | 2006-09-04 19:51 |