ビ・lo・g

<   2006年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

溜息が出るような

某有名フライマンSS氏のBlogに凄い虹鱒がupされている。
サイズは63cmでそこそこのサイズだが(って十分凄い^^;)そのスタイルが素晴らしい!
完全無欠のプリプリボディー!
あんなのが釣れたらシビレルだろうなあ・・・めちゃ引きそう、釣ってみた~い。
ツイシャウで上げれるかなあ・・・って、その前に魚を出さないと^^;

でもチャンスはあるな。
[PR]
by midge32 | 2006-08-26 19:34

#000

某S社より#000というライン規格の竿が出たらしい。
そのラインは揖保の糸より細いそう・・・^^;
日本の釣りは軽い番手にどんどん移行してきているようである。
昔は渓流には#5って言われていた。
確かに軽い番手には利点が多いようだ。
その利点は主にラインが水面に付いてからの部分だと思うのだが
水面に付く前、空中にある場合には軽い番手はどうであろう?
その辺りも考えるとライン番手って、その釣り人の釣り方や好みを表してるかもね。

やっぱり自分は#4LOVEだな(笑)
[PR]
by midge32 | 2006-08-24 20:43 |

ヤマベ

f0022684_23372725.jpg

ヤマメ、こちらでは「ヤマベ」
始めヤマメという呼び名を聞いたときには違和感を感じたものだが
今ではヤマベという響きに違和感を感じてしまう。
虹鱒に「ほ」の字であったがヤマベを釣ってみてその美しさに感動した。
適度な難しさとサイズの良さがその背景にあるだろうと感じてはいるのだが。
[PR]
by midge32 | 2006-08-21 23:45

恵み

久しぶりの降雨。
明日はしっかり降る模様。
一月くらいまともに降ってないんじゃないかな?
夕立も記憶に無いくらい。
川は何処も減水状態で、でもだからといって魚の活性が低いという感じも
しなかったり・・・^^;
よく解かりませんが、この雨は魚たちにとっても農家の人にとっても恵みの雨に
なるでしょうね。
来週にはまた好天が続きそうですがこの雨の後、狙い目ですかね。
web上でも釣り人の皆さんの期待の大きさを感じますよ^^

はてさて皆さんの結果はどう出ますか・・・
[PR]
by midge32 | 2006-08-17 23:34

やれやれ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060813-00000010-khk-toh

当初から懸念されていたことですが酷くならないとNEWSにならないんですねえ。
大慌てで手を廻した時には既に手遅れ、何てことにならないように・・・願っても無駄ですね。
世界遺産に登録されることが「エライ」と思ってるおエライ先生達はでかい車に乗ることだけが
関心事ですから。


偶には辛口で(笑)

先日の南の島釣行で捻挫した。
痛いから悪態ついてしまうんだろうか?
罪を憎んで人を憎まず。
[PR]
by midge32 | 2006-08-13 21:43

南国

あれも暑い夏だった・・・

毎年恒例の南の島でのバカンス、勿論言い訳で目的は釣りである。
そこではイブニングでボーンフィッシュが入ってくるのだ。
どこかの川のポイントにも似ているが気にしない。
まだ明るさの残るうちは小型の反応だけだったが暗くなり突然隣に居たボブの竿先が押さえ込まれる。
 ジャーーーーーーーッ
お、良いサイズだ・・・
「!」こちらのラインもズンッという重さが
 ジィーーーーーーィィ
ダブルヒット!
二人ともまあまあのボーンである。
走る走る走る!

ほぼ同サイズ、幅広のグッドコンディション。
久しぶりにファイトを堪能した。

でもここのボーン、何故か体側にレッドバンドが・・・





注、このBlogの釣行記は全てフィクションです(爆)
[PR]
by midge32 | 2006-08-12 23:44

イブニング

f0022684_17212979.jpg

暑い夏の日だった。
俺はジョンとポールの3人で大川のイブニングに向った。
目的のポイントは知る人ぞ知る、ローカルの間では有名な大物虹鱒の溜まる瀬。
俺は手前岸、ジョンとポールは対岸へ陣取った。
明るいうちは小さい虹鱒がぴょンぴょンライズする程度であったが、日が落ち
空のオレンジが無くなる頃に状況は一変する。
モコッ、大物のライズが始まった。
対岸ではジョンとポールの陽気な笑い声とリールの逆転音が響いている。
   ジィーーーーーージ、ジャーーーーーーーッ
ついでにドボンという着水音
「イイサイズだなあ」
こちらはというとポイントと自分の間にある急流をクリアできずに魚の反応はまったく無い。
チクショー、俺としたことがポジション取りを失敗しちまったぜぃ。
その後も陽気なアメリカンの笑い声とリールの雄叫び、時折デジカメのフラッシュが光る対岸を
眺めながら、周りに群がるヌカカとの戦いに明け暮れたのだった・・・。

おしまい
[PR]
by midge32 | 2006-08-11 17:23

2006夏

f0022684_2052615.jpg


夏だねえ
[PR]
by midge32 | 2006-08-06 20:06

釣行記

Blogでは釣行記は書かないことにしている。
他の人を刺激したくないし(刺激するほど釣れてないけど)河川名が解からない様に気を使うのも
面倒だから。
こちらの川は放流が無い場合が多いので特に気を使う。

とは言うものの・・・釣行記ってBlogのネタに丁度良いんだな。
考えなくて済むし、興味を持つ人も多いしね。
で、足りない頭で考えた。
空想釣行記を書こう、作り話だからまったく気を使う必要なし。
しかも大物釣り放題(馬鹿w)

ということで先日の釣り(勿論作り話だよ^^)
newロッドの竿おろしに新しい情報の入った川に行って見る。
話では小さい川ながら良いニジが釣れるらしい。
ぽよよん系の竿は久しぶりで面白い、ビルダーにこちらの好みを伝えてあつらえてもらったものだ。
言葉で好みを伝えるのは、こと竿のアクションに関しては難しい。9割がた失敗する。
しかしこの竿は予想以上に良いアクションに仕上がった。
ぽよよん系、虹鱒に使えるのか、そのチェックを兼ねた釣行だ。
その川は小規模ながら所々に大場所をもち、そこに50クラスが居るらしい。
結果、大場所はあったものの残念ながら抜かれてしまったのか、魚を出す腕が悪かったのか
、釣れたのは尺止まりであった。
尺でも虹鱒の引きは強い、ぽよよんロッドは何の問題も無くその引きに耐える。
見た目は満月であるが余力は残している、余裕だ。
近距離からそれなりの飛距離を出すことも可能であった。

虹鱒は40を超えるとその引きは一段と強くなる、次はそのクラスで試してみたいもんだ。
[PR]
by midge32 | 2006-08-03 22:30

夏休み中の所為か練習場が混んでいてなかなか竿が振れない。
久しぶりに空いていたのでシングルの練習。
良い感じじゃない?(いつも良い感じだ^^;)
目測50かな、更にリールが鳴ってる、フフフ。
まあこの風ならね、風速5m以上はありそうだもんね(笑)
一応歩測もやっておくか・・・40m・・・(TT)



まだまだ練習だね、わはは。
[PR]
by midge32 | 2006-08-01 16:54