ビ・lo・g

<   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

piyotto

今シーズンはダブルハンドを使った釣りを多く経験している。
海アメやらイトウやら。
どちらも思ったように釣れないのだが、面白い。
沈める釣りは経験が少ないので、良くやる人には普通の事でも自分には新鮮なことだらけなのだ。
スペイもちょっとやってみたいので今年のダブル使用率はかなり高めになるかも。
コレは地域性もあるよね、北海道はダブルが使えるとこが色々あるから。

んでダブハン、うりゃーっと振るとそれなりに飛んでいくんだけど体が辛い。
使ってるのが#12なんで竿も重いのだ。
んでピヨッと振ってやる(←どんなだよ!
そうすると楽チンなのにラインスピードはうりゃーの時と同じ。
うりゃーは振るスピードでラインを飛ばして、ピヨッの時は竿の反発で飛ばしてる感じ。
トーナメントのときもまったく同じで力一杯振り回しても駄目なんだよね。
でもでも・・・振り回してしまうんだな(TT)
釣りの時も同じでついつい振り回してしまう。「うりゃ~~~~」ってね^^;
で、偶に思い出してピヨッと振るとラインはピューーンと飛んでいって「おおっ(@@)」っと
自分でも驚くのだ。
トーナメントでも上手くピヨッと投げれればねえ。

トーナメントシングルも練習開始した。
ちょっとイイ感じ、2~3mくらいは伸びてるんじゃないかな^^
悪そうなとこを意識してやってみたらラインの「乗り」が変わった。
ムフフ、シングルもがんばろうっと。
[PR]
by midge32 | 2007-05-31 19:16 |

毛鉤

f0022684_17513917.jpg

星の数ほどパターンがあるフライ。
釣れたときにはアングラーの腕の為で、釣れない時にはその責任を押し付けられる。

皆さんのフライを巻くときの基準は何でしょう?
勿論「良く釣れる」っていうのは誰しもが揚げる選択肢の最右翼でしょう。
その次の理由は?
その時に出ている虫に似ている、良く浮く、良く見える、カッコイイ、美しい・・・
色んな理由があると思います。
中にはエルクヘアカディスしか巻き方知らない、何て人も居るかも^^;
自分は投げ易いっていうことを重要視してます。
プレゼンテーションの際に自分の思ったようにコントロールし易いフライ。
フライの重量と空気抵抗のバランスによってコントロールのし易さは劇的に変わります。
ターンし難いフライ、逆にオーバーターンしてしまうフライ。
人それぞれそのバランスは異なり、これがベストバランスなんてものは無い筈なので、
経験から自分のコントロールし易いバランスを見付けていくしかないのでしょう。
自分が比較的少ないパターンしか巻かないのもその辺りに原因があります。
お気に入りのバランスのフライは数種類しか持っていないわけですね。
けっして面倒くさいとか、フライなんて何でも釣れるとか、前日に数個巻くだけなのに新しいパターンなんて
巻いてられんとか^^;、そーいった理由じゃないんですよ、いやマジで^^;
色んなパターンのフライを使うのも良いですが、特定のパターンを使い込んでそのコントロールを
体で覚えるっていうのもより釣れるようになる一つの方法であると思います。
(本文と写真は関係ありません^^)
[PR]
by midge32 | 2007-05-25 18:23 |

XPS

f0022684_23523045.jpg

今シーズン用に投入したライン「XPS」
柔らかいという噂であったが使ってみると確かに柔らかい。
実感できるくらいである。
柔らかさの所為だろうかループコントロールはし易いように感じるが、ターンのコントロールが少しやり難い。
自分はどちらかというとこのターンの強さでリーダー前後部分のコントロールをする傾向があるようで
(去年気付いた^^;)ここが思うようにいかないと釣りに影響が出る。
今まで使っていたラインと違いがあるようで慣れるまで時間が必要かも。
微妙に先が軽いような気もしてそれがターンの調整に変な影響があるのかもしれない。
浮力はそれなり、ウルトラと同じかもしかすると少し劣るかな。
グレーという色に初めは見えない不安があったのだが、今のところ特に問題ない。
というかそれ程見え難いということもないようだ。
まだ距離を出す釣りに使ってないので何とも言えない部分もあるが、今のところ面白いラインである。
必要な飛距離が出し易ければお気に入り、出し難いと近距離専用ラインとなってしまう。
距離を出すときほど先端部の浮力が気になってくるのでそこもこれから要チェック。
ラインも2~3シーズンは使いたいから、お気に入りになると良いなあ。
[PR]
by midge32 | 2007-05-22 00:07 |

2匹のB

f0022684_215527.jpg
f0022684_216797.jpg

同じ水系で釣った2匹のブラウントラウト。
随分と模様の感じが違う。
なにかと悪者のレッテルを貼られる魚なんだけど本当に悪者なのかな?
鮭の稚魚を食うからなんて理由を受け入れてしまってよいのだろうか?
まったく同じ理由でアメマスを駆除していたところもあるっていうのに。

豊平川にも昔はイトウが居たんだってサ。
[PR]
by midge32 | 2007-05-21 21:17 |

バンブーロッドのいま

f0022684_19422259.gif

以前お知らせしました本が今月末に渡渉舎より発売されます。
定価6,090円と少々お高めですが700ページ超とボリュームがありますし
何より今までにない面白い切り口の竹竿の本です。
竹竿に興味がある人なら一読の価値ありだと思います。
竹竿なんて・・・っていう人も是非^^ 竹竿の見方が変わるかも。
[PR]
by midge32 | 2007-05-11 20:09 |

トーナメントライン

今まで使っていたトーナメントダブルのラインは計ってみると16,9mもあった。
コレはかなり長めの方だと思う。
んで50cm程カットしてみました。
短い分振りやすくなった感じはします、重量も悪くない。
とりあえずこれでいってみるかな。
シングルは振ってみると良い感じなんだけど飛距離はせいぜい40mなんだよね
良い感じで40mって・・・さみしい・・・^^;
ダブルはまだまだまともに振れない。
で振っていてやっぱり真っ直ぐ振ることが絶対的に重要だと感じる。
竿を曲げることばかり考えるんだけどそんなことより「真っ直ぐ振る」これだよね。
入門書なんかには良く書いてあることなんだけど、本当にこれが大事。
大事であって凄く単純なことなんだけど、これが難しいのだ。
練習しかないのよね。
[PR]
by midge32 | 2007-05-09 21:04 |

ヒーバート

f0022684_20385841.jpg

テムズでお買い物。
といっても雑誌以外には特に買う予定は無かったのですが。
たまたまマーベリックのイベントでスコットの試し振り用の竿やホワイティングのハックルが多数入荷した所でした。
最近はホワイティングのハックルは品薄状態が続いています。
色んな理由があるようですがとにかく売っているハックルの数が少ない。
選ぶどころではない状況が1年以上続いてますよね。
そんなときに目の前には多量のハックルが・・・。
幾つか欲しいカラーがあったのですが、知らないうちに値上がりしていてネックはスゴイ価格になっていた(TT)
シルバーでも9000円超えてるんだね、今・・・
でネックは諦めてヒーバートのコックサドルを1枚買ってきました。
今回在った中で一番気に入ったハックルでカラーはミディアムグレーダン。
写真じゃ解かり難いんですが微妙に班があるんです^^
サドルはホワイティング系統は最近のは小さ過ぎて良く使う#10~12は巻けないのが多いんですね。
ヒーバートのサドルは少し大きくて丁度良いサイズが取れるうえに安いです。

ハックル好きの方は明日はテムズにGO!でっせ。
早くしないとおいしいカラーは売れちゃうよ^^
特にヒーバートのネックには美味しいカラーが何枚かあったんだよなあ。
あれとあれは欲しかった・・・。
[PR]
by midge32 | 2007-05-09 21:01 |

決断

トーナメントのダブルはラインを短くすることに決めた。
今までは長いことに拘りがあったけど、やっぱり扱いきれない。
無理なタックルより、扱える範囲のシステムの方が結果的にも飛距離が出るだろうと思う。
切っては投げして適当な長さを探してみようっと。
秤も買わないとなあ。
あ、ランニングラインも買わないと・・・。
[PR]
by midge32 | 2007-05-02 22:47 |

トーナメント

今月帯広で競技会が開催されます。
お暇な方はご参加を^^

で練習。ダブルを振ってみる。
今シーズンは海アメで普通のダブルは結構振っていることもあって特に問題ないね。
いつもの飛距離^^;
すっごい追い風なのに・・・駄目じゃん・・・(TT)
バックキャストが辛いくらいの強風の中、どんな投げ方をしても60mほど飛んでしまう。
いろいろと投げ方を変えてみるがテキトーに投げても風に押されてグングン飛んでく^^;
気持ちいいんだけどキャストが良いのか悪いのかさっぱり解からん。
余り頑張って曲げようとしないキャストを試してるんだけど良いのか悪いのか・・・。
また後日チェックだなこりゃ。

今日の風だと75~80は余裕で飛んでないとまずんだよなあ。

誰か一緒にフリフリしよう。
[PR]
by midge32 | 2007-05-01 20:50 |