ビ・lo・g

ヒート〇〇〇

おー、気が付けば11月は一つも投稿無しかあ^^;
まあいいか。

暖かいインナーが流行っている。
ユニクロのヒートテック、イオンのヒートファクト、ライトオンからも何とかいうのが出てた筈。
ヒートテックが一人勝ちですっごく売れているようで、自分も着てみたけど巷で言われてるほどの
効果を感じない。
んで違うのも試してみようとヒートファクトの9分丈っていうのを買ってみた。
まず肌触りがとても柔らかい。
その為もあってか暖かく感じる。
袖が9分っていうのもなかなか良い。
実際の所どの程度の違いがあるのかは解からないけど、自分としてはヒートファクト。
値段もユニクロより少し安いんだけど、ユニクロは時々安売りをするので微妙なトコ。
問題は色がちょっと地味。
売り切れているためなのか自分が買いに行ったとこには白ばかり・・・。
その点ユニクロは商売が上手いな。

今一番気になってるのがヒートテックの靴下。
パイルっていうのが厚手のようで釣りに使えそうだと思っているのだ。
それほど高価じゃないんだから買えって話だが(笑)
[PR]
# by midge32 | 2009-12-21 23:52 |

ブルックストーン

日本語では何でしょう?川砂利なのかな?
興味ある人は調べて教えてください。

シマノさんから新しい竿が出るようです。
ブルックストーン、廉価版のシリーズですがダブルハンドが3種類ラインナップされました。
真ん中の13fの#8~9で希望小売価格¥27000。
ショップによっては多少割引があるでしょうから2万円台中盤で買えそうです。
触ったことがありませんからアクションも見た目も解かりませんが、この価格はとっても興味をそそります。
スペイ向きのアクションならかなり売れそうな予感^^
[PR]
# by midge32 | 2009-10-23 20:58 |

バンダイ

今年のCLA(競技会)にてあのゴードン・アームストロングを破った男トミー。

その彼がアゲオで再びアームストロングと戦いました。
しかしその勝者は何と日本の方だったようです。
アームストロングとトミーを破っての優勝。
素晴らしい!
いつかはこの日が来ると思っていましたが想像より早くやってきました。

オーバーヘッドのフライキャスティングでは残念ながらまだ世界との差は大きいようです。
しかしながらスペイキャストにおいては日本のレベルの高さは間違いないものです。
北海道のレベルもけっして低いものではないと思いますが、いかんせん競技会が少ない。
理想では年3~4回の開催でしょうか。
来年は理想に少しでも近づけていきたいですね。

勿論自分のキャスティングレベルも引き上げて。
[PR]
# by midge32 | 2009-10-04 20:30 |

きゃろらいんよーこ

キャロンチーム

泣く子も黙るスペイキャスティングのトップチーム。
そのキャロンチームが去年に続き今年も日本にやって来るらしい。
埼玉は上尾で行われるJCAアングラーズクラスマスターズインターナショナルキャスティングコンペティション
というとてつもなく長い名前^^;の競技会に出場するのである。
一度は生で見たいそのキャスティング、でも今年は来ないようだったので競技会出場も含め
上尾行きは諦めていたのですが、急遽キャロンチーム来日が決まったようです。
なんだよー、来るんなら無理してでも行きたかった・・・。

ま、諦めてこっちでキャス練してますわ。

競技会の結果が今から楽しみです。
日本の技術も年々上がってきてますからね。
ゴードン・アームストロングを焦らせるようなことになれば面白いのですが。
[PR]
# by midge32 | 2009-09-09 23:47 |

ピチピチ

世界水泳やってます。

最近はなにやら新素材水着が記録を連発させているようで、選手よりも何処のメーカーの水着を
使用しているかに注目がいってるような。
新素材となるとルールのほうが付いて行けず後追いになってしまうのは仕方が無いです。
でもここまで記録が伸びるとなると「何だかなあ」という気持ちになってしまいます。
まあ皆が使うようになれば騒動も落ち着いてくるのでしょうが。

キャスティングもそのような道具の進化が起こる可能性もありますね。
グラファイト素材なんかはその大きな進化の一つでしょう。
でも今年のアングラーズクラス#8の最長距離が竹竿から生まれている事実もあります。
う~ん・・・凄い^^;

水泳もフンドシで世界記録なんか生まれたら痛快なんですが(笑)

スペイキャスティングでも某ロッドとラインの組み合わせで+5m!なんて宣伝文句がありました。
宣伝通りかは不明ではありますが、扱えるようになると確かに飛ぶ気はします。
でも誰でもというわけにはいきませんね、簡単な竿だとは思いません。
扱えるようになればってことで、それじゃあ他の竿だって同じ事が言えるのかもしれませんね。

道具も大切だけどやっぱり扱う人のレベルを上げないとね。

お金で飛距離は買えません。
そういう世の中の方が面白いでしょ?
[PR]
# by midge32 | 2009-07-31 23:17 |

シャック

f0022684_1951828.jpg

モンカゲロウ(おそらくフタスジモンカゲロウ)の抜け殻です。
目の前で中身が抜け出し空中へと舞い上がりました。
北国も雪代が終わると一気に虫達で騒がしくなります。
近場の川ではヒゲナガの姿もチラホラ。
そろそろ大きな魚が釣れそうな予感。

まあいつも予感だけで終わるんですけどね^^;
[PR]
# by midge32 | 2009-06-04 19:57

ある~日 森の中~

f0022684_21442741.jpg

先日クマを見ました。
初めての経験でしたが、車に乗っていて良かった^^;
車の前をスタコラ逃げている写真です(携帯の写真で熊だか何だか良く解かりませんが)。
朝日に波打つ毛が光って綺麗でした。

生身で出会わなくて良かった・・・。
[PR]
# by midge32 | 2009-05-26 21:48

君たちキウィパパイヤ・・・

f0022684_20313443.jpg

知り合いより送って頂きました。
初めて食した完熟マンゴー

とってもおいしゅうございました^^
[PR]
# by midge32 | 2009-05-14 20:34

サクラマス

まあヤマベ(ヤマメ)なんですけど、海へ下ってまた川に戻ってくるとエラクなるのか
釣りをしてはいけない魚になってしまいます。
北海道ではサクラマスを釣ることが合法的に出来る川はありません。(たぶん)
でも川に上ってきてルアーやフライに反応しなけりゃ良いのですが、そう上手くはいかず
釣れてしまうことがあるようです。自分は未経験ですので噂の話ですが。
そうなるとややこしいことになりまして、どうやら針掛かりさせた時点で厳密には密漁ってことらしいのですが、
他の魚狙ってるのに間違って掛かってしまったからといって密漁者というのはどうかということで、
キープしない限り逮捕ってことはまずないようなんですね。
ここまでは良いと思うんですが(っていうか法律に問題ありだと思っている)問題はこれからで・・・
キープしなけりゃ密漁にならないっていうのを逆手にとって「リリースするんだから釣っても問題ない」っていう
ちょっとおかしな話がまかり通っています。
いやまかり通ってはいないんですが、一部にそういう風潮がありまして某有名河川なんかでは時期ともなりますと
サクラマス狙いの人がいっぱいだとか。
正直釣りたい気持ちっていうのも解かるのですが、あくまで非合法なわけで、コソッとやってニジマスやアメマス狙ってるんだけど間違って掛かっちゃった、
っていうならまだしもネット上で狙ってます宣言やら対象魚ですなんてことを堂々とご発言なさるのはいかがなものかと。
自分は正直あまり興味が無い魚で、川では掛かってしまうんじゃないかと不安になるだけの邪魔な存在です。
海でもアメマスのほうが興味あるし。

本当はサクラマス解禁の河川を作って欲しいんですよね。
そうすれば堂々と釣りが出来ますし本州の客も呼べます。
漁業資源への悪い影響なんて無いようなルール作りも可能だと思うんですけどね。
どうしてそんなに鮭鱒の増殖保護に御執心なのかなあ?本当に国民の為になってるんですかね?
まあサクラの河川解禁はありえないでしょうけど^^;
もしそういう話し合いが可能になったとすれば、現在行われている非合法なサクラマス釣りは
密漁と同等として釣り人にとってはマイナス要因にしかならないと懸念しています。

釣り人はルールを守らないから、ルール作りをしても意味が無い
みんな禁漁にしてしまえ

こうなってしまうのがとても怖いんですね。
[PR]
# by midge32 | 2009-04-11 23:00

キャス練

キャス練を続けていると壁がいくつもやってくる。
一つ一つその壁を超えながらより遠くより遠くへとただラインを飛ばす為に竿を振る。
通りすがりのおっさんに「針付けないと魚釣れないべさ」と良く冷かされる。
冬季ならまだしも魚の釣れ始める季節になっても練習していると、釣り友達にも変な奴と思われる。
確かに釣りは面白い。
でもね、ただラインを遠くに伸ばすのも面白いものなのだ。
初めのうちは練習をしただけ飛距離が伸びる、どんどん伸びる。
この頃は面白くて皆練習する。
でもだんだん飛距離が伸びなくなってくる、練習しても練習してもまったく飛距離が変わらない。
変わらないどころか短くなったりして・・・。
そうなるとキャス練なんかより釣りのほうが面白いってことになっちゃう。
解かるんだけど・・・その分厚い壁を超える喜びってあるんだな。
ほんと竿振っても振っても上達が感じられないとめげちゃうんだけど、無意味のように感じられる
その段階にも実は意味があって・・・振って振って振りまくっているとある日突然
          「!」
っていう時がやってくる・・・こともあるんだナ^^;
色々考えながらの練習が上達の近道ではあると思うんだけど、頭だけでなく体を使うことが上達には不可欠。

と思います。
現在壁を超えられず数ヶ月ほどMAX飛距離の伸びはありませんが微妙にアベレージは伸びている私。
何とか+5mにしたいんですがねえ。
あ、スペイの話でオーバーヘッドは練習してません。そろそろそっちも始めないと。
[PR]
# by midge32 | 2009-03-25 21:32 |